レンタカー補償制度

ククルレンタカーの補償制度

  • 保険補償
  • 免責補償制度
  • 休業補償について
事故を起こした

保険補償(レンタル料に含まれる保険補償内容です。)

当社の車両には、「シートベルト着用」を条件とし下記の保険補償が付いています。
前項の当社の損害のうち、事故、盗難、借受人又は運転者の責に帰すべき事由による故障、レンタカーの汚損・臭気等により当社がそのレンタカーを利用できないことによる損害については料金表に定めるノンオペレーションチャージの算定によるものとし、借受人又は運転者はこれを直ちに支払うものとします。
(レンタル料金に含まれます。)

対人補償 無制限
対物補償 無制限(免責額:5万円)
車両補償 時価(免責額:5万円)
人身障害補償 3,000万円
搭乗者の自動車事故によるケガ(死亡・後遺傷害を含みます)につき、運転者の過失割合に関わらず、損害額を補償いたします。
損害額の認定は保険約款に基づき保険会社が実施。

保険約款の免責条項に該当する場合には補償されません。
保険・補償制度は当社貸渡約款違反、保険約款免責事項、警察の事故証明が取得できない場合等は、適応外となります。

万一、事故を起こされますと、下記の金額をご負担いただきます。
①上記補償額を上回る賠償
②対物補償免責(5万円)
③車両補償/免責額(免責5万円)
④ノンオペレーションチャージ

※「ノンオペレーションチャージ」(NOC・休業補償)とは
レンタカーを利用中、修理や清掃が必要になったときに、修繕期間中の営業補償として利用者がレンタカー会社に支払う金額です。
【「NOC」の一例 】
□ レンタカーが自走できない場合:6万円
□  自走して店舗に返却できる場合:3万円
※車内装備の損害や、シートの焦げ穴等もNOCの対象になります。

免責補償制度※有料(保険適用外の免責内容が一部免除されます。)

免責補償料 1,500円+消費税 / 24H

免責補償料が込みのプランと、含まれていないプランがございます。含まれていないプランのご加入に際しては、貸出時での任意加入となります。
免責補償制度の加入により、下記の免責額のお支払いが免除されます。

免責補償料で
免除される内容
②対物補償免責(5万円)
③車両補償/免責額(5万円/マイクロバス、普通貨物車、特殊用途車 10万円)
免責補償料で
免除されない内容
①保険での補償額をこえる損害
④ノン・オペレーションチャージ
免責補償制度が
適用されない場合

下記の様な重大な交通違反が原因で事故が発生した場合、免責補償制度へ
の加入がなされている場合でも 免責金を負担していただきます。
●スピードオーバーによる事故
●追い越し禁止ゾーンでセンターラインを超えて事故を起こした場合
●信号無視で事故を起こした場合
●一時停止を怠って事故を起こした場合
●右折禁止、Uターン禁止、指定方向以外の進入などで事故を起こした場合
●悪質、または故意と認められる事故の場合

休業補償について(「ノンオペレーションチャージ」(NOC))

万一当社の責任によらない事故・盗難・故障・汚損等が発生し、車両の修理・清掃等が必要になった場合、その期間中の「営業補償」の一部として下記金額をご負担いただきます。
(車内装備の損害、シートの焦げ穴等もNOCの対象となります。)

レンタカーが自走できない場合 6万円
自走して店舗に返却できる場合 3万円+レッカー代

※車内装備の損害や、シートの焦げ穴等もNOCの対象になります。

事故を起こした(万が一事故を起こした場合の対処内容)

万が一事故が起こった場合
1 : 負傷者の救護
2 : 警察への通報と届出
3 : 相手の確認
4 : 営業所への連絡

警察への届け出が済みましたら、交通事故証明書を取得できるよう手続きをしてください。

事故を起こしてしまった場合の精算について
レンタカー使用中に事故を起こし、車両に損害を与えた場合には、損害の程度や修理期間に関わらず、営業補償の一部として下記の料金を申し受けます。
自走可能な場合(車検が受けられる状態)3万円
自走不可能な場合(車検が通らない状態)6万円+レッカー代

レンタカー空車検索

出発日時

返却日時

ご利用店

全車ETC・ナビ付き。補償込の料金設定

レンタカー|マンスリープラン

スマートフォンサイト

沖縄ディナークルーズ